カブトムシを飼育しよう!カブトムシの育て方や注意点まとめ

カブトムシ 飼育 育て方

 

子供の頃に飼育した経験が、大人になっても抜けきれずに再び飼うというリピーターが後を絶たないのが、「カブトムシ」です。

 

力強さの象徴ともなるハサミや、黒々とした体色は老若男女問わずに人気があります。

 

そんなカブトムシを飼育しようと考えたとき、まず何を準備したら良いのかや、育て方など少し分かりにくいですよね?

 

ここでは、カブトムシの飼育方法や育て方について紹介していきます。

 

 

1.カブトムシを飼育する前に準備したい物とは?

 

カブトムシ 飼育 育て方

 

カブトムシの飼育は比較的容易で、子供が初めて動物を飼う際にオススメとされています。

 

シーズンに突入すればホームセンターなどで販売されますし、田舎ならハチミツなどを木に付ければすぐに寄ってくるので捕まえて飼育が可能です。

 

スポンサーリンク

 

こうやって個体を手に入れたとしても、自宅に飼育できる環境がなければ飼うことはできません。

 

つまりカブトムシを飼育するには、事前に飼育環境を整えておく必要があります。

 

カブトムシを飼育する前には、以下に挙げる道具を用意しておきましょう。

 

  • 飼育ケース
  • ディフェンスシート
  • 飼育床
  • 転落を防止する木片や樹皮
  • 霧吹き

 

これらは、シーズンに突入すると「セット」として販売されることが多いですが、できれば1つずつ個別に用意したいところです。

 

飼育ケースはもちろん必要ですが、ディフェンスシートに関してはコバエの侵入防止や湿度を保つ面があるので、できるだけ用意してください。

 

飼育床は発酵マットやほだマットなどが使えるので、自身が使いやすいと感じるものを揃えれば問題ありません。

 

カブトムシは移動中に転落する恐れがあるので、転落防止用の木片などを飼育ケース内に入れておきましょう。

 

 

2.カブトムシの正しい育て方で注意した3つの事

 

カブトムシ 飼育 育て方

 

カブトムシを飼育する準備が整ったら、いよいよカブトムシ個体を入手して自宅へお迎えします。

 

ですが、カブトムシを入れる前に発酵マットを加水して自然界に近い土場に仕上げるようにしましょう。

 

マットに軽く加水し、少しずつ混ぜていきます。

 

スポンサーリンク

 

マットを握って形を作り、水が染み出てこないぐらいの状態がベストです。

 

加水したマットを、飼育ケースの3〜4cmぐらいしき、続い転落防止用の樹脂や昆虫ゼリーを置いて、フタをすれば完成となります。

 

飼育できる状態になったらカブトムシを入れ、以下に挙げる育て方を意識しながら実践しましょう。

 

 

@ 直射日光が当たらない場所で飼育する

 

カブトムシ 飼育 育て方

 

成虫のカブトムシの育て方で大切なのは、直射日光に当てないという点です。

 

暑さに弱いので日光が当たる場所で育てると、飼育ケージ内の温度が急上昇してしまい、カブトムシにとって良い環境ではなくなり早死にします。

 

室内での飼育が望ましいですが、住宅環境によっては室内に置くのが難しい場合があるかもしれません。

 

そんなときは、玄関やベランダなど直射日光が当たらず、風通しの良い場所を選んでください。

 

カブトムシはどうしても臭いを発するので、独特のニオイが部屋を充満しますから、置き場所選びは何気に重要ですよ。

 

 

A 飼育ケージ内に入れるカブトムシの数に注意する

 

カブトムシ 飼育 育て方

 

こちらもカブトムシの育て方で重要な考え方になりますが、飼育ケージ内にどのぐらいのカブトムシを入れて飼育ができるかという点を理解しておきましょう。

 

カブトムシはオス同士がメスを争奪するために、非常に激しい闘いを繰り広げます。

 

スポンサーリンク

 

負けたカブトムシは餌を食べることができず、すぐに死んでしまうなど、上手に育てる環境にはなりません。

 

ですから同じ飼育ケースで、カブトムシを複数飼育したいと考えるなら、オス1匹、メス2匹という組合せにしてください。

 

こうすればオス同士で争うことはないので、平和な環境を作れるので育てやすくなります。

 

 

B マットの湿度を高くする

 

カブトムシ 飼育 育て方

 

カブトムシは暑さに弱いですが、同時に乾燥にも適していません。

 

カブトムシの適温は27℃ぐらいと言われるので、夏場であれば特に気にしなくてもこのぐらいの気温になっているでしょう。

 

問題はマットの湿気であり、放置しているとすぐに乾燥します。

 

ですから霧吹きなどで、定期的にマットに水やりをして湿度を高くするようにしてください。

 

ですが、どれぐらいマットが湿っていれば良いのか、ちょっと分かりにくいですよね?

 

マットを手で握り、形が出来るが水が染み出てこない程度が、カブトムシにとって最適な湿度具合となります。

 

 

まとめ

 

カブトムシ 飼育 育て方

 

ここでは、カブトムシの飼育方法や育て方について紹介していきます。

 

カブトムシを飼育するには、個体を入手する前に自宅に飼育環境を整えておく必要があるでしょう。

 

飼育する準備が整ったら個体を入れますが、正しい育て方を実践していくにあたり、いくつか注意点があります。

 

ここを守っておけば、カブトムシを飼育することができるので、カブトムシの飼育の際は参考にしてみてくださいね。

引き続き、「カブトムシ・クワガタの飼育方法」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「カブトムシ・クワガタの飼育方法」おすすめ記事


カブトムシ

カブトムシ 飼育 育て方 カブトムシを飼育しよう!カブトムシの育て方や注意点まとめ
カブトムシ 飼育 育て方 カブトムシの餌はコレで決まり!カブトムシに与えたほうが良い餌5選
カブトムシ 飼育 育て方 カブトムシと長く暮らしたい…カブトムシの寿命を延ばす飼育方法
カブトムシ 飼育 育て方 カブトムシが集まる木を知ろう!カブトムシが集う木の種類や見分け方
カブトムシ 飼育 育て方 カブトムシは何種類いるの?日本に生息するカブトムシの特徴とは?
カブトムシ 飼育 育て方 カブトムシを産卵させたい!カブトムシを産卵させる方法や注意点
カブトムシ 飼育 育て方 カブトムシを繁殖しよう!カブトムシの交尾を成功させる方法や注意点
カブトムシ 飼育 育て方 カブトムシの幼虫を飼育しよう!幼虫の育て方や注意点とは?


クワガタ

カブトムシ 飼育 育て方 クワガタの育て方を知りたい!クワガタを飼育する方法や注意点
カブトムシ 飼育 育て方 クワガタは何年生きるの?クワガタの寿命や寿命を延ばす飼育方法
カブトムシ 飼育 育て方 クワガタの餌を知ろう!クワガタに与えるべき4つの餌とは?
カブトムシ 飼育 育て方 クワガタを採集しよう!簡単にクワガタを採集する方法や注意点
カブトムシ 飼育 育て方 クワガタの幼虫を育てたい…クワガタの幼虫を育てる方法や注意点
カブトムシ 飼育 育て方 クワガタの成虫を育てたい!クワガタの成虫を飼育する方法や注意点


オオクワガタ

カブトムシ 飼育 育て方 オオクワガタを飼育しよう!飼育するのに必要な物や注意点とは?
カブトムシ 飼育 育て方 オオクワガタの幼虫を育てたい!幼虫の飼育方法や注意点
カブトムシ 飼育 育て方 ミヤマクワガタを飼ってみよう!ミヤマクワガタの飼育方法や注意点


昆虫

カブトムシ 飼育 育て方 カマキリを飼育しよう!カマキリを飼育する方法や餌の与え方
カブトムシ 飼育 育て方 カマキリに寄生虫がいる…カマキリの寄生虫を出す方法まとめ
カブトムシ 飼育 育て方 アリを自宅で飼育しよう!アリを飼育するのに必要な物や注意点