クワガタの成虫を育てたい!クワガタの成虫を飼育する方法や注意点

クワガタ 成虫

 

子供の間で大人気な昆虫として知られており、その勢いは大人にも普及するなど年齢関係なく親しまれているのが、「クワガタ」です。

 

クワガタは、大きなハサミや黒々とした体色など、多くの点に魅了されるポイントがあり、昆虫の中では飼育しやすいのでペットとしても人気があります。

 

そんなクワガタの成虫を飼育しようとしたとき、何を準備したら良いのかや、どんな餌を食べさせるべきなのかなど不明な点が多いですよね?

 

ここでは、クワガタの成虫を飼育する方法や注意点などについて紹介していきます。

 

 

1.クワガタの成虫を飼育する前に準備する物

 

クワガタ 成虫

 

クワガタの成虫を飼育しようと考え、山やホームセンターで入手したとしても育てることはできません。

 

自宅にクワガタの居住スペースがなければ、環境が大きく変化するためストレスを感じ、すぐに死んでしまうでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ですからまずは、クワガタの成虫を飼育できる環境を用意する必要があります。

 

以下に挙げる物を、個体を入手する前に用意してください。

 

  • 飼育ケース
  • 未発酵マット
  • 転倒防止用の樹皮やとまり木
  • 霧吹き

 

最低でも、これらの道具は用意しておきましょう。

 

飼育ケースは、Sサイズでも十分ですが、ゆとりがあればそれだけクワガタもリラックスして生活してくれます。

 

マット(土)は、クワガタの飼育で非常に重要ですが、何も昆虫専用に限るものではありません。

 

ダニの発生を抑えるためにも、未発酵マットが良いですし、針葉樹マットを使うことで殺虫成分の恩恵を受けられる場合もあります。

 

ただし、殺虫成分を敬遠する人に関してはその限りではないので、自分の好みで構いません。

 

樹皮や木切れ、とまり木は転落した際に起き上がれるよう助けてくれるので、クワガタにとってありがたい存在となるでしょう。

 

またクワガタは、乾燥に弱いのでマットを霧吹きして湿り気を与えてください。

 

 

2.クワガタの成虫を飼育する方法

 

クワガタ 成虫

 

クワガタの成虫を育てる際に準備する物について、前章で理解することができました。

 

これらを備えたら準備は完了なので、さっそく成虫を山で採集するかホームセンターで購入するなどして入手してください。

 

スポンサーリンク

 

入手できたら、飼育ケース内に入れればペットとして家族の一員になります。

 

しかしここからが本番であり、飼い主はクワガタの飼育方法を知りそれに沿ったお世話をしなければいけません。

 

では、クワガタの成虫を飼育する方法について、以下から紹介しますね。

 

 

@ 餌は夕方から夜にかけて与える

 

クワガタ 成虫

 

クワガタに限らず、動物を飼育する上で欠かせないお世話の一つが、「餌を与える」というものです。

 

餌により栄養補給をするため、飼育下で餌を与えなければ、ペットは食べる手段を失われるので死んでしまいます。

 

クワガタの成虫に餌を与える際は、夕方から夜にかけて与えるようにしましょう。

 

基本的にクワガタは夜行性なので、日没後の時間帯に餌を置いたほうが新鮮な餌を食べることに繋がります。

 

  • 昆虫ゼリー
  • リンゴ
  • バナナ

 

このあたりが主食として最も適した餌とされているので、この中から入手しやすい餌を選定して与えましょう。

 

餌は鮮度がとても大切で、少しでも鮮度が落ちると、コバエなどが発生する危険があり衛生的によろしくありません。

 

昆虫ゼリーなら1週間に1度、バナナやリンゴなら1日1回は交換してくださいね。

 

 

A 乾燥に注意して適度に水やりをする

 

クワガタ 成虫

 

クワガタの成虫は乾燥に弱いので、マットを適度に水やりして湿り気を確保しましょう。

 

マットがどれほど湿っていれば良いかの目安は、まず手で土を軽く握り、握った手の形が土に残るようにします。

 

このとき、水が染み出てこないで、土の形が崩れなければ、理想の湿り気といえます。

 

スポンサーリンク

 

最初は湿り気の加減が難しいかもしれませんが、何度も挑戦していくとコツが掴めるようになりますよ。

 

クワガタ自身の水分補給は、昆虫ゼリーなどの餌のみで十分なので、水分補給を考える必要は基本的にありません。

 

ただし、マットがカラカラの状態ですと喉の渇きを覚えやすいので、水場を作ってあげると安心です。

 

 

B 冬季は温度管理に注意する

 

クワガタ 成虫

 

日本は四季がハッキリしており、夏場と冬場では気温変化はとても大きいです。

 

こうした環境で生き延びたクワガタは、冬場に冬眠をして活動量を抑えることで耐えてきました。

 

クワガタの成虫を飼育するなら、冬季の温度管理をどうするべきかを事前に考えておく必要があるでしょう。

 

とはいっても0℃を下回らなければ、クワガタは死ぬようなことはありません。

 

それでもできれば10℃を下回らないようにし、冬眠中の死亡を防ぐように気を付けてください。

 

屋内で温度が一定に保たれる場所を見つけ、そこに置いておくのが望ましいです。

 

 

3.クワガタの成虫を飼育する際の注意点

 

クワガタ 成虫

 

クワガタの成虫を飼育する際には、「害虫の発生」に十分注意してください。

 

害虫が飼育ケース内に発生すると、クワガタの寿命を縮めてしまう恐れがありますし、何よりも衛生面が心配です。

 

それは飼い主にも悪い影響を与えるでしょうから、常に害虫が発生しないように気を配りましょう。

 

それにはやはり、飼育ケース内を常に清潔にしておくのが一番です。

 

クワガタの飼育で一番の害虫となるのが、「ダニ」なので、ダニが発生しないようにするにはどうするべきでしょうか?

 

まずはマットを「針葉樹マット」に変更し、ダニが発生しにくい環境を作り、こまめに飼育ケース内を掃除してあげます。

 

それでもダニが発生するなら、カブトムシを霧吹きのジェット噴射を使って吹き飛ばすのも有力ですよ。

 

 

まとめ

 

クワガタ 成虫

 

ここでは、クワガタの成虫を飼育する方法や注意点などについて紹介していきました。

 

クワガタの成虫を飼育するには、事前に環境を整えておく必要があります。

 

餌やマットの湿り気、越冬させる際の温度管理など、飼い主がするべきお世話は色々とあるので、一つずつ習得していくようにしましょう。

引き続き、「カブトムシ・クワガタの飼育方法」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「カブトムシ・クワガタの飼育方法」おすすめ記事


カブトムシ

クワガタ 成虫 カブトムシを飼育しよう!カブトムシの育て方や注意点まとめ
クワガタ 成虫 カブトムシの餌はコレで決まり!カブトムシに与えたほうが良い餌5選
クワガタ 成虫 カブトムシと長く暮らしたい…カブトムシの寿命を延ばす飼育方法
クワガタ 成虫 カブトムシが集まる木を知ろう!カブトムシが集う木の種類や見分け方
クワガタ 成虫 カブトムシは何種類いるの?日本に生息するカブトムシの特徴とは?
クワガタ 成虫 カブトムシを産卵させたい!カブトムシを産卵させる方法や注意点
クワガタ 成虫 カブトムシを繁殖しよう!カブトムシの交尾を成功させる方法や注意点
クワガタ 成虫 カブトムシの幼虫を飼育しよう!幼虫の育て方や注意点とは?


クワガタ

クワガタ 成虫 クワガタの育て方を知りたい!クワガタを飼育する方法や注意点
クワガタ 成虫 クワガタは何年生きるの?クワガタの寿命や寿命を延ばす飼育方法
クワガタ 成虫 クワガタの餌を知ろう!クワガタに与えるべき4つの餌とは?
クワガタ 成虫 クワガタを採集しよう!簡単にクワガタを採集する方法や注意点
クワガタ 成虫 クワガタの幼虫を育てたい…クワガタの幼虫を育てる方法や注意点
クワガタ 成虫 クワガタの成虫を育てたい!クワガタの成虫を飼育する方法や注意点


オオクワガタ

クワガタ 成虫 オオクワガタを飼育しよう!飼育するのに必要な物や注意点とは?
クワガタ 成虫 オオクワガタの幼虫を育てたい!幼虫の飼育方法や注意点
クワガタ 成虫 ミヤマクワガタを飼ってみよう!ミヤマクワガタの飼育方法や注意点


昆虫

クワガタ 成虫 カマキリを飼育しよう!カマキリを飼育する方法や餌の与え方
クワガタ 成虫 カマキリに寄生虫がいる…カマキリの寄生虫を出す方法まとめ
クワガタ 成虫 アリを自宅で飼育しよう!アリを飼育するのに必要な物や注意点