クワガタを採集しよう!簡単にクワガタを採集する方法や注意点

クワガタ 採集

 

子供が夏休みになると、虫かごを持って狙う昆虫として知られ、大人でも愛好家がいるとされるのが「クワガタ」です。

 

黒々とした体色のため非常によく目立ち、昆虫採集の難易度も高くはないので古くから人気があります。

 

そんなクワガタですが、採集しようと思ってもコツを知らなければ上手くいかないと感じませんか?

 

山に入れば木に集まっているとイメージされますが、実はクワガタを採集するには知らなければいけない部分も多いのです。

 

ここでは、初心者でもクワガタを簡単に採集できる方法や注意点などについて紹介していきます。

 

 

1.クワガタを採集する前に準備する物

 

クワガタ 採集

 

クワガタを採集するために、山に入ったは良いものの何も準備をしていなければ、採集の効率は悪くなってしまいます。

 

まずは採集する前に、以下に挙げる物を準備しておきましょう。

 

  • 虫捕り網
  • 虫かご
  • ピンセット
  • 懐中電灯
  • 虫よけスプレー
  • 軟膏
  • 手袋

 

最低でも、これらは必ず用意してください。

 

虫捕り網や虫よけスプレーなどはイメージできますが、手袋というのは不思議に感じるのではないでしょうか?

 

昆虫採集をする際は自然豊かな場所に行くので、素手で何かを触るというのが危険な場合もあります。

 

そのため手を保護するためにも、手袋があったほうが安心できるのです。

 

スポンサーリンク

 

また、クワガタを採集するのに適した服装は、「肌を露出しない」という点が挙げられます。

 

山に入ればムカデやマダニといった、危険生物がうろついているので、いつ攻撃されるか分かりません。

 

長袖、長ズボン、帽子は当たり前ですが、できれば黒ではなく白っぽい服装を心掛けてください。

 

蚊や蜂は黒色を狙う習性があるので、それらの虫を寄せ付けないようにするのがポイントです。

 

こうした点を考慮に入れると、クワガタ採集に集中することができるでしょう。

 

 

2.クワガタを効率よく採集するコツ

 

クワガタ 採集

 

クワガタを採集するのに必要な道具が用意できたら、いよいよ採集する方法について見ていきましょう。

 

「クワガタでも捕まえに行くか!」

 

子供の前で大胆発言をし、そのまま山に入ったとしてもクワガタを採集はおろか、1匹も見つけられない可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

 

何故ならば、クワガタが集う場所や時期、時間などはある程度決まっており、そこに狙いを定める必要があるからです。

 

ではカブトムシを採集するには、どんなコツを知るべきでしょうか?

 

 

@ クワガタが集まってくる木の種類を知っておく

 

クワガタ 採集

 

クワガタは、どこの木にも集まる訳ではなく、「樹液」を出す木のニオイに引き寄せられるようにして集まります。

 

その木を知っておくと、クワガタ採集の効率は格段に向上するでしょう。

 

樹皮が何らかの影響で破壊され、内部に溜まった樹液が出るのですが、「ブナ科」に属する以下の木に集まりやすいです。

 

  • コナラ
  • クヌギ

 

これらの木は、一般的にドングリと呼ばれる果実を成らせるので、木を見分ける際の貴重なポイントといえます。

 

両方とも幹は灰色をしており、縦にスジが入っているので、果実と併せて確認してみると他の木との見分けは容易にできるようになるでしょう。

 

 

A クワガタが活動する時間を知っておく

 

クワガタ 採集

 

クワガタが集まりやすい木の種類が分かったとしても、採集する時間によっては1匹も見つけられない場合があります。

 

そのため、クワガタが活動する時間を把握しておくというのも、ひとつ大きなポイントとなります。

 

スポンサーリンク

 

クワガタは夜行性で、日没後に土の中から出てきて樹液を求めて行動するのです。

 

時間にすると夜8時から明朝5時までが、クワガタを採集するのに適した時間となるでしょう。

 

つまり、クワガタが活動する時間に採集する行動を合わせることで、よりクワガタとの遭遇率を高められます。

 

 

3.初心者でも簡単にクワガタを採取する方法

 

クワガタ 採集

 

クワガタを採集する効率を高めるコツについて、前章で紹介しました。

 

ここを押さえておくと、クワガタを探し求めて多くの時間を使う必要がないので、とても便利です。

 

コツを押さえておくだけでも、クワガタを採集する確率は大幅に上昇しますが、それだけでは不十分。

 

クワガタを採集するにも方法があるので、以下から紹介する点に注意を払ってくださいね。

 

 

@ トラップを仕掛けてクワガタを誘引する

 

クワガタ 採集

 

クワガタを採集するのに役立つものが、トラップです。

 

いくつかのトラップがありますが、一番簡単なのはハチミツや黒蜜などを木に塗って誘引するという方法でしょう。

 

これは前章で紹介したブナ科の木であれば、より効果を発揮してくれます。

 

ニスを塗る際に使うハケをホームセンターなどで購入し、木に薄く塗るようにします。

 

この作業を昼間にしておき、夜になったら様子を見にいきましょう。

 

誘引された様々な虫の中に、クワガタがいる可能性が高くなります。

 

他にも発酵させたバナナを使うトラップや、走光性という習性を利用したライトトラップなど、いくつか手段はありますがどれも難しいので初心者にはオススメされていません。

 

甘い蜜を塗るトラップが一番簡単なので、最初はこの方法から初めてみるのが良いでしょう。

 

 

A 木を蹴ってクワガタを落とす

 

クワガタ 採集

 

古典的な方法ですが昔からある王道手段であることに現代も変わりなく、クワガタを採集するのに適した方法です。

 

クワガタは日中、土の中か木に引っ付いて休んでいることが多いので、驚かすことで木から落ちてきます。

 

何度も木を蹴り続けると、振動に耐えきれなくなり落下するので諦めずに数回は蹴るようにしてください。

 

いつ頃にクワガタが落ちてくるか分かりませんので、油断なく見張っていて落下した場所を確認しましょう。

 

特に足元が草むらでは、落下してきたクワガタを見つけるのが難しくなりますよ

 

 

まとめ

 

クワガタ 採集

 

ここでは、初心者でもクワガタを簡単に採集できる方法や注意点などについて紹介していきました。

 

クワガタを採集するには、コツを知っておく必要があるのはもちろんのこと、事前準備や効率の良い捕まえ方などを熟知しておく必要があります。

 

夏場を迎えると多くの子供や保護者が、山に入って昆虫採集を行う関係で定番スポットはライバルだらけです。

 

そうした中でクワガタの行動や習性をどれだけ知っているかが、採集の効率に関わってくるため、ぜひ知っておきましょう。

引き続き、「カブトムシ・クワガタの飼育方法」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「カブトムシ・クワガタの飼育方法」おすすめ記事


カブトムシ

クワガタ 採集 カブトムシを飼育しよう!カブトムシの育て方や注意点まとめ
クワガタ 採集 カブトムシの餌はコレで決まり!カブトムシに与えたほうが良い餌5選
クワガタ 採集 カブトムシと長く暮らしたい…カブトムシの寿命を延ばす飼育方法
クワガタ 採集 カブトムシが集まる木を知ろう!カブトムシが集う木の種類や見分け方
クワガタ 採集 カブトムシは何種類いるの?日本に生息するカブトムシの特徴とは?
クワガタ 採集 カブトムシを産卵させたい!カブトムシを産卵させる方法や注意点
クワガタ 採集 カブトムシを繁殖しよう!カブトムシの交尾を成功させる方法や注意点
クワガタ 採集 カブトムシの幼虫を飼育しよう!幼虫の育て方や注意点とは?


クワガタ

クワガタ 採集 クワガタの育て方を知りたい!クワガタを飼育する方法や注意点
クワガタ 採集 クワガタは何年生きるの?クワガタの寿命や寿命を延ばす飼育方法
クワガタ 採集 クワガタの餌を知ろう!クワガタに与えるべき4つの餌とは?
クワガタ 採集 クワガタを採集しよう!簡単にクワガタを採集する方法や注意点
クワガタ 採集 クワガタの幼虫を育てたい…クワガタの幼虫を育てる方法や注意点
クワガタ 採集 クワガタの成虫を育てたい!クワガタの成虫を飼育する方法や注意点


オオクワガタ

クワガタ 採集 オオクワガタを飼育しよう!飼育するのに必要な物や注意点とは?
クワガタ 採集 オオクワガタの幼虫を育てたい!幼虫の飼育方法や注意点
クワガタ 採集 ミヤマクワガタを飼ってみよう!ミヤマクワガタの飼育方法や注意点


昆虫

クワガタ 採集 カマキリを飼育しよう!カマキリを飼育する方法や餌の与え方
クワガタ 採集 カマキリに寄生虫がいる…カマキリの寄生虫を出す方法まとめ
クワガタ 採集 アリを自宅で飼育しよう!アリを飼育するのに必要な物や注意点