クワガタのメスを見分けよう!クワガタのオス・メスを見分ける方法

クワガタ メス

 

昆虫採集の目玉で、大勢の子供が夏休みを利用して山に入り狙うのが、「クワガタ」です。

 

大きなハサミや黒々とした体色は、力強さを誇示しているため子供の目からは、とてもカッコよく映ります。

 

そんなクワガタですが、飼育する際に気になることとして、目の前にいる個体どの種類のメスなのかという点ですよね?

 

オスはハサミの形などから、すぐに判断できますが、違う種類のメス同士が集まるとよく分からないのも事実。

 

ここでは、クワガタのメスを見分ける方法や注意点などについて紹介していきます。

 

 

1.クワガタの種類でメスを見分ける方法

 

クワガタ メス

 

ブナ科の樹液を目当てにクワガタやカブトムシは集まりますが、トラップを仕掛けるとより多くの個体をゲットできます。

 

その中にはオスもいればメスもいるし、1種類だけでなく数種類のクワガタが集まっている場合も少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

どのクワガタを捕獲して飼育しようか考えるとき、同じ種類同士のオスとメスをペアで飼いたいと感じますよね?

 

そんなとき、オスはすぐわかっても、メスがどの種類のメスなのかパッと見ですぐには分からないので悩んでしまいます。

 

では、クワガタの種類でメスを見分けるには、どの点に注目すれば良いのでしょうか?

 

 

@ 「ミヤマクワガタ」メスの割にアゴが大きくスマート

 

クワガタ メス

 

日本全国に分布しているミヤマクワガタは、メスの割にアゴが大きいという最大の特徴があります。

 

体長はおよそ3cmほどで、アゴが大きく体型がスマートという点が目立つため、他のクワガタのメスと見分けが付きやすいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

背中は光沢がかった緑色をしているのも目立ちますし、裏返しにしてみるとお腹付近が黄褐色の毛で覆われています。

 

もし外見で判断するのが難しければ、裏返してみることで黄褐色の毛で判断可能です。

 

 

A 「コクワガタ」一回り小さく光沢のない体色をしている

 

クワガタ メス

 

コクワガタのメスは他の種類のメスに比べて、体長が小さく2cmぐらいしかありません。

 

また背中に光沢がないので、どんよりとした体色をしているため、目立たない存在として見えるでしょう。

 

最大の特徴は胸部のくびれがハッキリしていることで、他の種類のメスと比べてみると一目瞭然といったところ。

 

コクワガタのメスは、どこでも見かけることができるので、特徴を把握しておけばすぐに見分けられので覚えておくと便利です。

 

 

B 「ノコギリクワガタ」赤みがかった体色が一番の特徴

 

クワガタ メス

 

ノコギリクワガタのメスは、見分けが付きやすいので初心者でも判断できるでしょう。

 

体長は3cmほどで楕円形の体型をしているため、ここだけは他のクワガタのメスとあまり変わりません。

 

スポンサーリンク

 

一番の特徴は体色で、赤みがかった色をしているので他のクワガタのメスと大きく異なります。

 

一見するとカッコいい色をしているので、目を奪われやすいために子供の間でも人気のメスクワガタです。

 

横から見ると背中が盛り上がっているので、この部分も注目できるポイントかもしれません。

 

 

C 「オオクワガタ」体長が大きくて一番体格が良い

 

クワガタ メス

 

オオクワガタのメスは5cmほどにもなる大きな体が最大の特徴で、そういった部分を知っておけば間違えようがありません。

 

また全体的にぽっちゃり体型をしているので、スマートな他のメスクワガタに比べて存在感があります。

 

ハサミが小さいのでメスだと分かりますが、もしこれでハサミが大きければオスと見間違えてしまうほどでしょう。

 

体色は黒で縦にスジ模様が甲羅に入っているのも見分けるポイントで、特徴がありすぎます。

 

 

D 「ヒラタクワガタ」前足が外側へ曲がっている

 

クワガタ メス

 

ヒラタクワガタは体長が2cmほどで、背中に光沢が入っているところが、コクワガタのメスとソックリなので見分けるには慣れが必要となります。

 

一番の特徴は、前足の頸節(けいせつ)が外側へ曲がっていため、ここはコクワガタのメスには見られないので見分けるなら、この部分に注目しましょう。

 

また横幅が広くて、脚が少し太めというのも覚えておきたいポイントです。

 

しかしながら、トラップにヒラタクワガタとコクワガタのメスが一緒にいたとしたら、見分けるのは難しいところもあります。

 

自信がなければ、詳しい人に尋ねてみると良いでしょう。

 

 

2.クワガタのメスを見分ける際の注意点

 

クワガタ メス

 

日本で頻繁に目撃するクワガタの種類別で、メスの特徴と見分け方を前章で紹介しました。

 

ここからも分かる通り、クワガタのメスを見分けるには、以下の点に注意を払ってください。

 

  • 体長
  • 体格
  • 甲羅の色
  • 背中のスジ模様
  • 光沢があるかどうか

 

いくつかのポイントがありますが、一番注意を向けるべきなのは「甲羅の色」でしょう。

 

種類によって若干異なりますので、ここが分かってくれば、あとは体長や体格などでほぼ見分けることが可能となります。

 

産卵させて子孫を残したいなら、オスとメスをペアで飼育する必要があるので、その場合は同じ種類のメスが必要です。

 

何度も見分けを行えば、自然と慣れてくるので最初は失敗しても何度も続けていくことが大切です。

 

経験を積み重ねると、自分でも驚くぐらい簡単に見分けられるので、前章で紹介した部分を参考にしながら取り組んでいきましょう。

 

 

まとめ

 

クワガタ メス

 

ここでは、クワガタのメスを見分ける方法や注意点などについて紹介していきました。

 

クワガタのオスはすぐに分かりますが、様々な種類のメスが混在していたら、見分けるのにはコツが必要です。

 

日本で頻繁に見かける5種類のクワガタのメスの特徴を紹介し、見分けるポイントも記載しているので参考にしてみてくださいね。

引き続き、「カブトムシ・クワガタの飼育方法」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「カブトムシ・クワガタの飼育方法」おすすめ記事


カブトムシ

クワガタ メス カブトムシを飼育しよう!カブトムシの育て方や注意点まとめ
クワガタ メス カブトムシの餌はコレで決まり!カブトムシに与えたほうが良い餌5選
クワガタ メス カブトムシと長く暮らしたい…カブトムシの寿命を延ばす飼育方法
クワガタ メス カブトムシが集まる木を知ろう!カブトムシが集う木の種類や見分け方
クワガタ メス カブトムシは何種類いるの?日本に生息するカブトムシの特徴とは?
クワガタ メス カブトムシを産卵させたい!カブトムシを産卵させる方法や注意点
クワガタ メス カブトムシを繁殖しよう!カブトムシの交尾を成功させる方法や注意点
クワガタ メス カブトムシの幼虫を飼育しよう!幼虫の育て方や注意点とは?


クワガタ

クワガタ メス クワガタの育て方を知りたい!クワガタを飼育する方法や注意点
クワガタ メス クワガタは何年生きるの?クワガタの寿命や寿命を延ばす飼育方法
クワガタ メス クワガタの餌を知ろう!クワガタに与えるべき4つの餌とは?
クワガタ メス クワガタを採集しよう!簡単にクワガタを採集する方法や注意点
クワガタ メス クワガタの幼虫を育てたい…クワガタの幼虫を育てる方法や注意点
クワガタ メス クワガタの成虫を育てたい!クワガタの成虫を飼育する方法や注意点


オオクワガタ

クワガタ メス オオクワガタを飼育しよう!飼育するのに必要な物や注意点とは?
クワガタ メス オオクワガタの幼虫を育てたい!幼虫の飼育方法や注意点
クワガタ メス ミヤマクワガタを飼ってみよう!ミヤマクワガタの飼育方法や注意点


昆虫

クワガタ メス カマキリを飼育しよう!カマキリを飼育する方法や餌の与え方
クワガタ メス カマキリに寄生虫がいる…カマキリの寄生虫を出す方法まとめ
クワガタ メス アリを自宅で飼育しよう!アリを飼育するのに必要な物や注意点